大阪府高齢者大学同窓会高槻会旗 
トップページ  福祉活動  同好会   「会報」投稿作品 同窓会高槻の紹介 
会務報告  入会   LINK    



ボランティアグループ紹介と会員募集

第2回:まほろば 
 先月号に引き続き今月は同じ特別養護老人ホーム「高槻荘」で喫茶支援をしているボラン ティアグループ「まほろば」を訪ねインタビューを通して、活動を紹介します
 高槻荘は、第26代継体天皇陵と云われている今城塚古墳に隣接した郡家新町にあり、設
立は
1982年で現在は介護度4以上の方が入所されている特別養護老人ホームです。

*「まほろば」
「まほろば」のボランティア活動は、今年で
25年目になり当初より高槻荘で喫茶支援をしてきました。高大同窓会高槻の歴史が、昨年30周年であったことから「まほろば」は当会ボランティアの草分けの一つで先輩の方々の努力が今に引き継がれているグループです。
 現在のグループメンバーは、全員女性で当会員5名と一般の方1名の6名構成で、原則月
2回(第13木曜日 pm1:30~2:30)、喫茶支援希望の方々への喫茶提供活動を中心に活動しています。又同一日の午前中に青葉会と一緒に花壇の除草、花殻処理等も行っています。


*ボランティアを始めたきっかけ
 ボランティア活動を始めたきっかけは、「自分には子供がいなく将来自分もこのような施設にお世話になる可能性があるので元気なうちは支援しようと思った。」とか、最も多いのは、知り合いの方に誘われて参加したのが始めるきっかけであった。多くの方がボランティアに関心はあるが、初めてで不安、自分にできるのか不安等一歩踏み出せない中で友達や知人が参加している活動に参加してみることは心強いし、ハードルも低くなります。


*ボランティアの喜び
 ボランティアをやっていてよかったなあと感じたのは、喫茶支援している方から「楽しみに待っていたよ」と云って喜んでくれた時、自分自身その方に寄り添え役立っていると感じ嬉しかった。又このグループは、チームワークが良く居心地が良いので続けたいと思う意見も多かった。


*新メンバー募集
 
今困っていることは今のメンバーも段々年を重ね高齢化が進んでいる中で新しい人が入っ
てこないことです。是非新入会員の参加をお待ちしています。お試し入会も歓迎です。お問
い合わせは一坪
明子さん(3班)迄

                               (インタビュア-:広報IT部)
  前列左から
一坪明子(3班)
佐藤郁子(3班)
高見百合子(5班)
後列左から
木田美紀枝(14班)
辰見佳子(7B班)
福栄信子(一般)



区切り線 
© 大阪府高齢者大学同窓会 高槻 2015

 
inserted by FC2 system