大阪府高齢者大学同窓会高槻会旗 
トップページ  福祉活動  同好会   「会報」投稿作品 同窓会高槻の紹介 
会務報告  入会   LINK 新着情報   


 

   歴史クラブ「島本町史跡めぐり」                                                                                    教養部
 
   感想文:今村忠則(28班)

 
 
10月の歴史クラブ探訪「島本町史跡めぐり」は、1019日に開催さ
れ、16B班、市川氏による企画・運営で、参加者
(20)みなさんの満足度
は抜群となりました。10月中旬とは思えない暑さの中、「ふるさと島本
案内ボランティアの会」
3名の方によるガイドさんは、流石に地元ならで
はの説明で、島本町の良さ発見が出来ました。
 歴史文化資料館の慨要は、当館長さんから記念館設立の経緯と展示資料
の概略説明を受けました。時間的な制約で、館内での見学時間が短かった
のは少し心残りでした。史跡桜井駅跡史跡公園では、地元の方々の暖かい配慮でゲートボール競技を中断して頂き、古代の宿駅の跡や多くの石碑から歴史的な面影を感じることが出来ました。名神道路沿いにある待宵小侍従墓を通り過ぎ、トイレ休憩のためふれあいセンターに立ち寄った後
185段の階段を登り、昼食場所・若山神社へ、本殿では栗辻宮司よりご祈祷を賜り、更に当神社の由緒、境内の絵馬などの話を聞けることが出来ました。 どちらかと云えば、昼食目的の立ち寄りでしたが、思いもかけない宮司の講話は本当に興味深いものでした。京都の名所にも劣らない紅葉が素晴らしいとの話、ぜひとも、もみじ狩りに訪れたいとの気持ちになりました。
 昼食後、水無瀬の滝で秋の涼しさを少し感じ、サントリー山崎蒸留所前で充実した探訪の終わりとして解散。当初、アサヒビール大山崎山荘美術館で展示中の「開館
20周年記念 うつくしいくらい、あたらしい響きークロード・モネ」を見学する計画でしたが、若干若さの残るしぶとい8名の方だけが、厳しい坂道を登って観賞しました。今回の探訪は、教養部主催で自由に参加出来る体制となり有意義なプランであったと感謝しています
                

  


区切り線 
© 高齢者大学同窓会高槻 2015 
 

inserted by FC2 system